news

シカゴトリビューンで特集されたグローバルウォーターセンター

  • Home
  • Newsroom
  • シカゴトリビューンで特集されたグローバルウォーターセンター
シカゴトリビューンで特集されたグローバルウォーターセンター

シカゴトリビューンのジョンキムが率いるこのFirstPathway Partnersプロジェクトは、最近のビデオで紹介されています。

グローバルウォーターセンターは、ミルウォーキーの「淡水研究と技術のシリコンバレー」としての地位を強化しています。このユニークな7階建ての88,025平方フィートのロフト付き建物は、25の組織、アカデミックプログラム、多国籍企業、スタートアップ企業など、さまざまな機能を提供しています。特徴的な設備には、世界クラスのフローラボ、タイプIIラボ標準、タイプI標準水の前処理、45人の講堂講堂、国際ビデオ会議室、実験室、テストエリアが含まれます。 3Dレーザーイメージングなど、高度な技術がラボに統合されています。

ウィスコンシン大学ミルウォーキー校の マーク・モネ首相は、「他の州に比べてウィスコンシンにずっと集中しているので、組み込みの自然な利点が得られます。ウィスコンシンの自然な利点は、農業と、ここで形成された企業の種類との間の産業の多くに本当に関係しています。相対的な観点だけでなく、絶対的な観点でも、非常に集中しています。」

グローバルウォーターセンターは、 ウィスコンシンの湖に近接した理想的な場所にあります。 UWMGreat Lakes Genomics Centerの Rebecca Klaper教授は、The Centerのもう1つの利点は、他の施設の研究者が水域まで車で移動しなければならないのに対して、単に裏口から出て研究や水技術実験を実行できることだと感じています。

ビデオを見るには、ここをクリックしてください