news

グローバルウォーターセンター内に事務所を設立する国際水協会

  • Home
  • Newsroom
  • グローバルウォーターセンター内に事務所を設立する国際水協会
グローバルウォーターセンター内に事務所を設立する国際水協会
トム・バレットのミルウォーキー市長は、 国際水協会 (IWA)事務所の追加を発表しました。このオフィスは、「世界の淡水首都」という便利な場所にある唯一の北米地域オフィスとして機能します。
「アメリカのウォーターセントリックシティ」として、ミルウォーキーは、業界、大学、政府の間の世界クラスの共同パートナーシップを通じて、水イノベーション市場に燃料を供給しています」と、ウォーターカウンシル理事会のメンバーであるバレット市長は述べました。 「2014年6月にIWAの理事会がミルウォーキーで会合を開いた後、世界で最も重要な専門水協会を世界の主要な水技術クラスターと結びつけることが理にかなっていることが明らかになりました。」
IWAの世界的な水専門家のネットワークには、130か国に9,000人以上のメンバーがおり、ロンドン、ハーグ、ナイロビ、ダカール、バンコク、北京、シンガポールなどの多様な都市に世界中にオフィスがあります。そのメンバーシップは、水循環全体にわたって機能し、科学者や研究者、水道事業、大規模な水利用産業、非営利団体、技術プロバイダーが含まれています。
「水部門は前例のない課題に直面しています。これらの課題を克服するには、新しいパートナーシップと新しい考え方が必要です」とIWAエグゼクティブディレクターのGer Bergkamp博士は述べています。 「政策立案者と水の実践者が新しいアプローチを適用できるように、新しい科学技術を利用可能にする必要があります。 IWAは科学、政策、実践を結び付けており、ミルウォーキーのグローバルウォーターセンターに参加することで、米国と国際的な水コミュニティとのより広範な協力を促進することを目指しています。」
グローバルウォーターセンターとIWAのこのパートナーシップは、双方にとって有益です。このパートナーシップは、ミルウォーキー地域の水技術産業のリーダーシップを再確認します。現在、センターの成功には、周囲の人々に連絡する能力があります。 The Water Councilの共同議長であるRich Meeusenは、ミルウォーキーが世界で最も水を中心とした都市としての地位を確立するために一生懸命働いており、地域の淡水を活用し、それを都市の未来を変える大きな推進力として利用していると考えています。