blog

IIUSA社長、ボブ・クラフト、ワシントンでのEB-5再認可を提唱

  • Home
  • Newsroom
  • IIUSA社長、ボブ・クラフト、ワシントンでのEB-5再認可を提唱
IIUSA社長、ボブ・クラフト、ワシントンでのEB-5再認可を提唱
2019年11月7日木曜日-ボブクラフトは、ワシントンDCでEB-5プログラムの立法に取り組んでおり、業界を代表して上院および下院と面談する予定です。
昨日、IIUSAは以下を共有しました:
米国上院議員のマイク・ラウンドズ(R-SD)、リンジー・グラハム(R-SC)、ジョン・コーニン(R-TX)は、S。2778移民投資家プログラム改革法を導入しました。この措置は最終的に、EB-5リージョナルセンタープログラムの長期的な再承認に加え、中流階級の雇用創出、全国のコミュニティの経済発展、移民投資家。
法案を導入する上院議員ラウンド、グラハム、およびコーニンの決定は、主にEB-5業界が協力して、これまで業界の利害関係者が分かれていた多くの問題について合意する能力によって影響を受けました。
IIUSAは、これらの格差を埋め、業界パートナーだけでなく議会の政策立案者にも受け入れられる政策的地位を開発するのを支援する上で、重要かつ重要な役割を果たしました。 IIUSAのリーダーシップ、メンバーシップ、およびスタッフは、法案の導入をさらに歓迎するこの種の進歩に必要なハードワークに従事し続けました。
IIUSAは、テキストを見直して、プログラムの整合性改革と運用の更新を提供する基準を維持していることを確認しており、EB-5地域センタープログラムの長期的な再承認を達成するために業界パートナーと引き続き協力することを楽しみにしています。