blog

FY18 Q4 I-526統計と分析

FY18 Q4 I-526統計と分析

2019年3月1日金曜日-USCISは、2018年度第4四半期のI-526の傾向と統計に関するデータを公開しました。このレポートに加えて、IIUSAは最新の分析も公開しており、USCISの判断効率と処理時間の短縮につながるその他の主要な業界データポイントの改善を継続する取り組みの影響を強調しています。

[[{"fid": "4356"、 "view_mode": "default"、 "fields":{"format": "default"、 "field_file_image_alt_text [und] [0] [value]":false、 "field_file_image_title_text [ [und] [0] [value] ":false}、" link_text ":null、" type ":" media "、" field_deltas ":{" 2 ":{" format ":" default "、" field_file_image_alt_text [und] [0] [value] ":false、" field_file_image_title_text [und] [0] [value] ":false}}、" attributes ":{" class ":" media-element file-default "、" data-delta " : "2"}}]]]

以下は、IIUSAが強調した重要なポイントです。

  • I-526保留中-I-526出願の大幅な減少とI-526裁定の一貫した増加の組み合わせにより、2018年度第4四半期末時点でUSCISで保留中のI-526請願の数は16%減少し続けました前四半期から14,394まで、2015年度第3四半期以来の最低レベル。
  • I-526の裁定- 2018年度、14,850件を超えるI-526の請願がUSCISによって裁定され、USCISの生産性が前年比で60%増加しました。
  • I-526ファイリング- 2018年度に提出されたI-526の申請数は6,424で、2017年度から40%減少しました。 2018年度のI-526出願件数は、過去5年間で最低レベルでした。
  • I-526承認率 -I-526請願の平均承認率は、2018年度第4四半期の10%減少し、2018年度第3四半期の97%から第4四半期の87%に減少しました。

詳細なレポートは こちらでご覧いただけます