blog

DOSは2019年にわずかに多くのビザを発行します

  • Home
  • Newsroom
  • DOSは2019年にわずかに多くのビザを発行します
DOSは2019年にわずかに多くのビザを発行します
2018年10月30日–イリノイ州シカゴで開催されたAILA&IIUSA産業フォーラムで、米国国務省( DOS )のVisa Controls室長のチャーリーオッペンハイムが、雇用に基づく第5選好( EB-5 )関係者に基調講演を行いました。
2019年度には、DOSは約10,075 EB-5優先ビザを提供します(18年度に配布された9,602ビザから増加)。 2018年度に利用されなかった追加の家族ビザは、473ビザの増加に貢献しました。
中国
19年度には、中国人が利用できるビザは約3,800になります。これにより、申請者の優先日が約2か月早くなります。昨年、中国生まれの申請者は、前の2会計年度の約7,500から4,642ビザを取得しました。来月(12月)中国の最終行動日は2014年 8月15日から 2014年 8月22日までになります。今から2019年9月まで、10月8日より前にI-526を申請した中国生まれの申請者がビザを利用できると予想されます、2014年(2014年10月22日のベストケースシナリオ)。オッペンハイムはまた、中国EB-5選好プールから毎年700ビザを差し引く中国学生保護法に約3年が残っていると指摘した。
今日の中国の請願者の申請の待機は、今年初めに推定された15年から14年と推定されています。
ベトナム
ベトナムは2019年も未処理のままですが、ビザ申請者の優先日は8か月前になると予想されています!来月(12月)ベトナムの最終行動日は2016年 2月1日から 2016年 5月1日までになります。今から2019年5月/ 6月まで、9月より前にI-526を申請したベトナム生まれの申請者がビザを利用できるようになると予想されます2016年。今日のベトナムの請願者の申請の待ち時間は、今年初めに見積もられていた6年から7。2年と見積もられています。
インド
EB-5プログラムの歴史上初めて、インドは受注残が予想されます。インドは、2019年7月までに2019年のビザ割り当てをすべて使用する可能性があります。バックログが開始されると、I-526申告からインドのビザが利用可能になるまでの期間は5.7年になると予測されます。現在、ビザの待ち時間はありません。
ブラジル/韓国/台湾
昨年4月、オッペンハイムは、19年度にブラジルと韓国のバックログを予測する聴衆を驚かせました。 USCISでの裁定を待っている(385)I-526請願に基づいて、台湾はすぐにそのリストに追加されると推測する他の多くの人々。 19年度中、3か国すべてが最新の状態を維持すると予想されています。
世界のその他の地域
19年度中、世界のその他の地域は現在のままであると予想されます。
中国とベトナムではビザの需要が非常に高いため、EB-5を米国永住 への道と考えているバックログのない国の投資家は、早期の優先日を確保するために行動する必要があります。 DOSは、国ごとの年間制限を含む、移民ビザ発行の数値制限に関する移民国籍法(INA)の規定を管理する責任があります。 DOSは、すべてのビザが適切に利用されるようにするために、加入過多の優先権を持つ国に最終措置の日付を課し、それらの優先権は過剰加入になる可能性があります。 EB-5の設定は、世界レベルの7.1%に制限されており、年間約10,000件、国ごとの制限は7%、約700件に設定されています。