blog

国務省は2020年2月のビザ速報を公開

  • Home
  • Newsroom
  • 国務省は2020年2月のビザ速報を公開
国務省は2020年2月のビザ速報を公開

フォントサイズ:10.0pt;行高さ:140%;フォントファミリー:"Arial",sans-serif">1月22日(木) 2020年 - 2020年2月ビザ速報スパンスタイル="フォントサイズ:10. 0pt;行高さ:140%;フォントファミリー:"Arial",sans-serif">中国本土からの申請者の最終訴訟日を明らかにしました 21月ビザ速報ベトナム生まれの申請者の最終措置日1週間の前進。インド生まれのEB-5ビザ申請者の最終措置日は、2020年1月のビザ速報に示すように、2月1日に2月1日に4ヶ月の進入を行いました。インドの最終措置日の劇的な進歩は、I-526の提出に関する新しいインドの投資家の数の減少を表すものではなく、むしろ、I-526の承認を持つドキュメンタリー資格を持つインドの応募者の数が、USCISのI-526裁定が遅いため、ここ数ヶ月でナショナルビザセンター(NVC)で減少していることを示しています。これにより、NVCは、資格のあるインドビザ申請者の現在のバックログに迅速なペースで対処することができます。2020年2月1日現在、新しい締め切り日前にI-526の請願書を提出した中国本土、ベトナム、インドの投資家は、国務省領事事務所へのインタビューをスケジュールし、米国に入国するための条件付き入国ビザを発行されるか、米国に既に入国している場合はステータスの調整を申請する資格があります。他のすべての国は現在のままです。

行高さ:140%"> 

[{"""""""""view_mode""""""""""""""""""""""""field_file_image_alt_text[und][0]値]:field_file_image_title_text false [0][値]:false}"link_text":null field_deltas"""""""""""""""""""""書式":"デフォルト"""field_file_image_alt_text[und][0][値]":false[field_file_image_title_text]":false}"""クラスメディア":"要素":"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""クラスメディア":"要素":"クラスメディア":"要素":"クラスメディア":"要素":""""""""""""""""""field_file_image_alt_text[und][値]":false[field_file_image_title_text[値]""""""""""ファイルの既定値"""データデルタ":"1"}]