ブログ

ミルウォーキーがグローバルウォーターセンターサミットを開催

  • Home
  • Newsroom
  • ミルウォーキーがグローバルウォーターセンターサミットを開催
ミルウォーキーがグローバルウォーターセンターサミットを開催
5月23日から5月24日まで、水評議会はウィスコンシン州ミルウォーキーで第10回年次ヘッドラインイベントを開催します。今年のイベントのテーマは「Where Water Works」です。このサミットでは、米国、日本、メキシコ、フランス、カナダ、韓国の指導者、水安全戦略の真の中心にいる指導者と専門家が集まります。 The Big Thirstの著者である名誉ゲストCharles Charlesmanは、学会、非営利団体、民間企業、政府からの他の個人との議論をリードします。会議全体を通して、サイバーセキュリティ、環境セキュリティ、外交セキュリティ、組織のセキュリティ。サミットでのイベントは、フィールドの専門家をホストするだけではありません。また、新しいテクノロジー、才能、ビジネスの成長機会、インスピレーションを求める専門家にとっての「衝突点」でもあります。これらの議論は、非営利組織、業界、政府、コミュニティの支援との強いつながりを通じて可能になりました。ミルウォーキー市がグローバルウォーターカウンシルの本拠地であることは間違いありません。ミルウォーキーはミシガン湖の美しい海岸に位置し、2009年に国連によって都市に与えられたタイトルである「世界の水ハブ」として「主導権を握る」設備が整っていると見なされていました。プロジェクト。このプロジェクトは、業界の多くの分野で高度なスキルを備えた仕事を創出し続け、EB-5プログラムの触媒作用を強調しています。