blog

ウォーターワールドで特集されたグローバルウォーターセンター

  • Home
  • Newsroom
  • ウォーターワールドで特集されたグローバルウォーターセンター
ウォーターワールドで特集されたグローバルウォーターセンター

同誌同センターの拡張に関する記事を発表し、「2013年にビルが完成して以来、ミルウォーキーのグローバルウォーターセンターにおけるリースの機会が急速に充実しており、ミルウォーキーの急成長している水技術地区にある産業資源のネットワークの拡大。

「2015年7月、The Water Councilを含むオーナーシップグループは、グローバルウォーターセンターから徒歩5分のところにある326-332 Florida Streetにある5階建ての46,000平方フィートの倉庫ビルを買収しました。グローバルウォーターセンターIIは、現在の資産を超えて水産業クラスターの開発とイノベーションを促進します。」

The Water CouncilのCEO兼社長であるDean Amhaus氏は、世界中からの関心の要求を満たすためには、追加のスペースが必要であると言います。彼は、GWC IIと呼ばれるこの拡張が貴重な資産になると考えており、最初の建物には現在余裕がないオプションを提供しています。彼は、GWC IIがハイテク企業を維持し、引き付けると信じています。

「ウィスコンシンは水技術の進歩で世界をリードしており、The Water Councilとそのメンバーの仕事は、世界的な課題を解決するだけでなく、繁栄するビジネスセクターを発展させるための産業、政府、学界の協力の力を示しています」とWEDCは言いました秘書兼CEOマーク・ホーガン。

「水評議会とミルウォーキーおよび州全体の業界クラスター参加者の努力による水技術革新におけるウィスコンシン州のリーダーシップは、国内および国際的な注目を集め、世界規模で新しいビジネス機会を生み出しています。

「ミルウォーキーの水技術投資の直接的および間接的な経済的利益は、包括的な産業クラスター開発戦略の重大な影響を示しています」とWEDCのビジネスおよび産業開発担当副社長のリー・スウィンドールは述べています。

GWC IIは2017年1月に完成する予定であり、講堂、役員室、フロー法を含む、元のグローバルウォーターセンターの建物の設備を完全に利用できます。効率的な製品開発を可能にするプロトタイプスペースが構築されます。グローバルウォーターセンターの最新情報を入手するには、ここをクリックしてください